ゴールデン・レトリーバーのリティ男さんとアイリッシュ・ウルフハウンドのるぅ~との残念な毎日


by retty_ru-to
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

どうも、最近リティ男が玄関で寝ていて邪魔な我が家です<(_ _)>

今までアニマルコミュニケーションっていうのをテレビでは観ていました。

それまでの私は。。。

私:『へぇ~凄いね~どれどれ。。。リティ男はご飯しか考えてない(笑)』

ってな感じでふざけて捉えていました。

その頃にドッグランで知り合ったのがプリモママさんでした。

残念兄弟にとって兄にような存在のプリモ(^^♪

リティ男とは友のように遊んでくれて( *´艸`)

るぅ~とには兄のように騒ぎすぎると注意をしてくれました(*^。^*)

飼い主もプリモママさんに色んな事を教えてもらったり。。。

プリモママさんを通じてアルちゃんとも仲良くなり(*^^*)

リティ男が襲われて耳を怪我した時にも助けて頂きました(*´Д`)

その日もいつもみたいに遊んでいたらプリモママさんがアニマルコミュニケーションのお勉強をしているのだと教えてくださいました。

プリモママさん:『今度リーちゃんとるぅ~ちゃんともお話させて♪』

こんなぺーぺーの私にもお声をかけてくれてなんて優しい(*ノωノ)

って思っていたら。。。

プリモママさん:『聞きたい事を考えてきてね♪』

本当にその日が来てしまいましたΣ(・ω・ノ)ノ!

実は、その時に悩んでいる事がありました。

家では私以外に懐かず。。。

ドッグランではお友達の中でも触らせる人、触らせない人。。。

お出かけしては挙動不審で真っ直ぐ歩かず私としか居れず離れればギャンギャン鳴く。。。

どこに居て何をしていても聞こえてくる言葉で急に遊ばなくなる事。。。

【人見知り】

それも極度でした。

危害は与えないけどかなりのストレスなのは分かっていました。

それをどうしたら良いのか迷っていた時なのでそれを聞こうと決めました。

Q.怖かったり、嫌な事は何?

るぅ~と:『触りたい!こんな犬欲しい!乗りたい!ってオーラで近づいて来る人は嫌!』
     『1匹にされるのは嫌!またどこかへ行かされるから』
     『子供にワーッて囲まれたのは怖かった。』
     『動きが予測できないのが怖い』

そうるぅ~とは教えてくれたとプリモママさんに教えてもらいました。

その時の会話で毎日を過ごしていても何故か他人のようで家族になれない感じを伝えました。

それをプリモママさんはるぅ~とに聞いてくれました。

るぅ~と:『小さい頃すぐに遠くへ行った。そこからまたママの所へ来た。』
     『愛情が分からない。ママからどんなに貰っても僕のは器は、割れてる器だから出て行っちゃ                
      うから不安になる。』

それを聞いて本当に切なくなりました。

確かにるぅ~とは群馬で産まれて北海道のブリーダーさんの処へ行った子でした。

そこから我が家に来たのが生後4ヶ月の時。。。

逆算して考えても母親犬の愛情を貰う前から離されていた事

ブリーダーさんの所でも我が家に来なければ繁殖犬にされたであろう事

いっぱい愛そう。。。この子がウンザリするぐらいに愛そうと決めました。

Q.悪口ではなくても聞こえてくる言葉で遊ばなくなるのは何で?

るぅ~と:『自分が大きいのも目立つのも頭が大きいのも分かってる。』
     『けど差別しないで欲しい。』

聞こえてくる言葉は「大きい」「怖い」「食べられる」「乗れる」「犬じゃない」人間の何気ない表現

自分の愛犬可愛さでの発言もあるかもしれません。

それでも自分が超大型犬として自分の大きさを知っている優しいるぅ~とには辛い言葉だったのでしょう。

それでも一緒に出掛けては楽しんでくれていた彼に本当に申し訳なく思いました。

その言葉を聞いて遊ばなくなる彼の姿を思い出し涙が出ました。

プリモママさん:『最後に何かまだ聞く?』

自信を失いかけた私に優しく聞いてくださり私は思わず聞いてしまいました。

私:『るぅ~との幸せってなんですか?』

プリモママさんは黙ってるぅ~とに聞いてくれました。

るぅ~と:『家族でご飯を食べながら今日あった楽しい事、面白かった事をワイワイ話してるのを聞きな 
      がらウトウト眠るのが幸せ』
     『海に行って海岸を走ってママと岸から海をぷかぷか浮いてる兄ちゃん見て笑った』
     『ママが笑ってるのがいい。』

なんて小さな幸せなんだろうと思いました。

自分のことより私やリティ男、家族を考えそこにいれる事が幸せなんて。。。

当たり前の事なのにるぅ~とには何よりの幸せだと知ることが出来ました。

嫌な言葉が聞こえてきても、怖い想いをする事があっても私がもっと強くなって守ろう。

いっぱい楽しい事をさせてあげようとアニマルコミュニケーションを通じて決意しました。

こんなにアニマルコミュニケーションを信じようと思ったきっかけはやっぱりこのおっさん・・・

f0176830_15031999.jpg
Q.大事な物は?

リティ男:『ボーーーーーーーーン!!!!!!』

ずっと気が狂ったように齧っていて踏むと痛かったので隠してしまっていたんです(笑)

隠した事を私も忘れてて言われて思い出したんです(;・∀・)

そんな私も忘れていた事をプリモママさんから聞いたお陰で信じるきっかけになったんです(;^ω^)

実際、隠したと思われる場所から取り出して渡すと無くした宝石が出て来たかのように大事に持ち歩きずっと齧ってました( 一一)

我が家の節目にお願いしたアニマルコミュニケーション(*´▽`*)

そのきっかけと出会いのお話でした。

他のコミュニケーションの会話はまた違う時に(´ー`)




[PR]
# by retty_ru-to | 2015-06-28 08:42

どうも、何をどう文にして残せば良いのか迷子中の我が家です<(_ _)>

今度は、るぅ~との犬柄?っについて話そうと思います。

お会いした事がある人は知っていると思いますが、お会いした事のない方はこれでるぅ~とを知って頂けたらと思います(*´ω`*)

るぅ~とは超大型犬でしたが幸いにも気が弱く(;´∀`)

蚤の心臓と言われるほどでした(;^ω^)

兄のリティ男はトラウマを抱えてから青年期にもなり男になっていくのに。。。汗

るぅ~とは他の犬に対して唸ったり、怒ったり、皺を寄せることは1回もありませんでした。

ある時には自分より小さなジャックラッセルが背中にしがみ付いてマウントをしてくるのに鳴いて固まっていたことも(笑)

フレンチブルドッグやパグ等の潰れ顔の犬種の鼻息が怖くて逃げ回る子でした。

それでも向こうは遊びたかったのか襲いたかったのか飛びついて来てもやり返さずただただ鳴いて逃げる子でした。

お出かけしてカートに乗っていたチワワの大群にも驚いて鳴く子でした(笑)

大きさの割に情けない。。。っと思いながら私にはとても有難い子でした。

私はそんなに身長も大きくなく中肉中背です( ̄д ̄)

って事にして。。。

そんな女性が超大型を連れて出かけても心配ないぐらい穏やかな子だったんです(´▽`*)

そんなるぅ~とのお陰でお友達もいっぱい出来ました!(^^)!

今でも人間だけでも会話が尽きないチームざくろのメンバー(^^♪

f0176830_13341044.jpg
例え年に1回しか会えなくても血の繋がりで病気になった時は支えてくれたウルフ仲間( ;∀;)

f0176830_13380900.jpg

お出かけ先のイベント等でも出来たお友達もいました(≧▽≦)

お友達のお友達で一緒に遊んだお友達もいっぱい(=゚ω゚)ノ

f0176830_13404476.jpg

ドッグランでも、もちろんたくさんのお友達が出来ました(*'ω'*)

中でもきっかけ編でもお名前を出させて頂いたプリモママさんには本当に助けて頂きました。

またそれは次回のお話としたいと思います(*^-^*)

[PR]
# by retty_ru-to | 2015-06-26 09:08

どうも、菓子屋横丁が燃えたらしい我が家です<(_ _)>

それでは続きを宜しくお願いします(*´ω`*)

ブリーダーさんとの話し合いでるぅ~とは2008年5月28日に北海道からやって来ました。

まだ脱ペーパードライバーをしたばかりの私には首都高を運転し羽田空港まで行く勇気と能力がなく業者さんに頼んで家まで連れて来てもらいました。

当時はまだボケーッとして子供っぽかったリティ男ですが念の為にと庭で会わせる事にしました。

着いてケージを庭に置いて扉を開けても出て来ないるぅ~と(;´∀`)

ケージの中まで覗きに行っては遊ぼうと吠えながらウキウキしているリティ男(;´Д`)

ケージの屋根を外すとちょっとずつ外に出てリティ男はその後ろ付いて歩きました。

その時の様子がこのブログです( *´艸`)

尻尾を丸めオドオドしていたるぅ~とをしゃがんでおいでと呼びました。

るぅ~とはすぐに私の脚の間にサッと飛び込み座って私を見上げました。

これが私がるぅ~との飼い主。。。ママとしてスタートした瞬間でした。

『今日から家の子だよ。よろしくね。』

抱きしめてそのまま抱っこをして家に入りました。

家に入ると用意したケージに入れると落ち着いて眠りました。

その日からずっと傍にはリティ男と私が居ました。

f0176830_10271883.jpg

ブリーダーさんから首輪もリードも着用したことがないと聞いていました。

段差も昇り降りした事がないとも聞いていました。

何とかなるだろうと思ったらなりませんでした(笑)

首輪をしたら首が固まり(;゚Д゚)

リードをして引っ張れば後ろに下がり(; ・`д・´)

段差の前ではケージに戻っていきました(笑)

仕方なく段差を抱っこして降ろすのが2週間続きました(*´Д`)

2週間で済んだのは毎日、段差の前で止まる弟に何回も見本を見せてくれたリティ男が居たから(∩´∀`)∩

来た時にはもう同じ大きさ同じ体重だったのにしっかり兄として活動してくれてたのかな?笑

すぐに仲良くなりケージに居る時間も減り。。。

私がうるさいと感じるぐらい2匹はすぐに兄弟になりました(*´▽`*)

f0176830_10275548.jpg
この時は、まだるぅ~とは母にも父にも懐かず私にしか近寄らず|д゚)

人見知りに気付くのはもうちょっと後の事です。。。

[PR]
# by retty_ru-to | 2015-06-24 09:05

どうも、怖くなり記録に残す事にした我が家です<(_ _)>

日々を過ごす中でるぅ~との事を忘れてはいません。

f0176830_17043752.jpg
今でも変わらず我が家の可愛い末っ子として愛しています。

でも毎日を過ごすうちに段々と忘れてしまったら記憶が薄れたらと思い

折角このブログがあるのだからと思い出が詰まったこのブログにるぅ~との記録を残す事にしました。

始めにるぅ~とを迎えるきっかけから始めようと思います。

きっかけはリティ男が1歳になってすぐの頃だったと思います。

家の庭で私と遊ぶのにも興味が薄れ。。。

ボール遊びも数回やれば持ってくるのをやめてウロウロしたり座り込んで固まってしまう。

散歩に連れ出して1時間以上は歩いてもつまらなそうに部屋から外を見ていました。

他の犬に会っても遊んでもらえなかったり唸られたりケンカになってしまったり。。。

いっぱいの犬の中で幼少期を過ごし成長したリティ男には1匹で私だけと過ごす日々は何をしても刺激がなく物足りなかったのかもしれません。

後にアニマルコミュニケーションをして下さるプリモママさんを通してリティ男に教えてもらいましたがリティ男にとって【こっちの世界】は育った環境とは正反対のリティ男いわくルールのない世界で適応するのが大変だったそうです。

そんな【こっちの世界】にこれからリティ男が死ぬまでずっと1匹で居させてはいけないと思い家族会議をし2匹目飼おうときめました。

私の第1希望はニューファンドランドでした(笑)

大きくてふわふわでボケーッとした姿に魅力を感じリティ男の時にお世話になったブリーダーさんを紹介して頂き頼む事にしました。

ブリーダーさん:『今ニューファンは産まれてないな~すぐに渡せるのはセントかウルフハウンドだね』

産まれる予定を待つのも探すのも何だかその時は躊躇し、当時ネット環境がなかった我が家は他を当たる手段もなかったのでセントかウルフハウンドの二択を選ぶ事にしました。

私:『セントバーナードとウルフハウンドどっちがいい?』

父は図鑑を持ってきてセントバーナードを開きました。

母:『ウルフハウンドってミルズでしょ?』

母は見た事がある子の名前を出し私に確認しました。

私:『そう、ミルズと同じ』

母:『あれは凄く大きいよお父さん!』

犬嫌いで今でもリティ男以外は苦手な母にはもの凄い大きさの姿は無理!っと思ったのかもしれません。

図鑑を眺めていた父が言いました。

父:『もうヨダレはうんざりだ!』

その一言でヨダレが多いセントバーナードが却下されウルフハウンドが選ばれました。

次の日ブリーダーさんに連絡をしオス(のちにるぅ~と)とメス(のちにスノー)が居ると言われましたがリティ男が居るのでオスを選びました。

これが我が家にるぅ~とが来る事になったきっかけとプロローグです。

後に7年間トイレ係にされるとは思ってもいなかったであろう父の一言で決まったるぅ~ととの出会い。

これが我が家の残念兄弟のスタート。。。

f0176830_17100652.jpg
ゆっくり更新していこうと思います。

長いと思うのでお付き合いお願いします(;´∀`)

途中、何やらネタが出来れば違うことも更新する予定です(=゚ω゚)ノ





[PR]
# by retty_ru-to | 2015-06-22 08:27

RETRIEVER


どうも、アイスもゆっくり食べれない我が家ですm(_ _)m


昨日6月13日に発売された【RETRIEVER7月号】におっさんと私の話が小さいですが掲載されております(^◇^;)


f0176830_10110795.jpg



爺さんも股引姿で無断で雑誌デビューをしておりますので(笑)


お手に取ってご覧頂けたらと思います( *´艸`)





リーティ:『立ち読みしないでちゃんと買って家で見るですよ』



[PR]
# by retty_ru-to | 2015-06-14 09:05